カテゴリー別アーカイブ: 展覧会

C810 フロム ☆1975

この度、「企画展 : C810 フロム ☆ 1975」と題しまして、弊社コレクションより具体美術の後継者として期待される美術太郎やマルセル・ザマ(Marcel DZAMA)、アントニー・ミカレフ(Antony MICALLEF)などキャリア的にも成熟期をむかえる1975年前後生まれのアーティストをピックアップし、アフターコロナ時代を牽引する旬の表現をご紹介いたします。

 

< 出展作家 >
美術太郎、マルセル・ザマ、アントニー・ミカレフなど1975年前後生まれのアーティスト
会期:2020年6月16日 (火) ~ 7月25日 (土)
営業時間:12:00 ~ 18:00 ※定休日:日月祝日
会場:鳩ノ森美術|art shop
tel: 03-3408-8100
※COVID-19対策のため、アポイントメント制となります

 

出品作品|Exhibited Works


 

美術 太郎|BT

《 浮世絵(くもくもく)2020 》

キャンバス・アクリル・転写・金箔(65.2×53cm)

¥400,000 + tax

 

美術 太郎|BT

《 浮世絵(SAV€ M¥ $OUL?)2020 》

キャンバス・アクリル・転写・金箔(53×45.5cm)

¥300,000 + tax

 

美術 太郎|BT

《 水玉のくつした(赤鼻のゾウ)2020 》

キャンバス・アクリル・転写・金箔(27.3×41cm)

¥150,000 + tax

 

アントニー・ミカレフ|Antony MICALLEF

《 Light Angel Bomber #2 2006 》

シルクスクリーン(70×50cm)ed.250

¥250,000 + tax

 

マルセル・ザマ|Marcel DZAMA

《 作品 2005 》

リトグラフ(25×25cm)ed.15

¥300,000 + tax

脈々とGUTAI 吉原治良×森内敬子×美術太郎

この度、「脈々とGUTAI 吉原治良×森内敬子×美術太郎」と題しまして、アートフェア東京2020開催中止による代替展を開催いたします。具体美術(GUTAI)の創設者である吉原治良を軸に、具体美術のラストメンバーとして今なお精力的に活動し、進化し続ける森内敬子と具体美術の後継者と期待される美術太郎をピックアップし、吉原治良の提唱した「具体美術(GUTAI)」の精神が色あせることなく、脈々と生き続けていることを表現します。

 

< 出展作家 >
吉原治良、森内敬子、美術太郎
会期:2020年4月7日 (火) ~ 5月23日 (土)
営業時間:12:00 ~ 18:00 ※定休日:日月祝日
会場:鳩ノ森美術|gallery + art shop 2会場同時開催
tel: 03-3408-8100
※政府による「緊急事態宣言」が発出されたため、中止とさせていただきます

 

出品作品|Exhibited Works


 

吉原 治良|YOSHIHARA Jiro

《 作品 1971 》

シルクスクリーン(22×27.5cm)ed.AP

¥600,000 + tax

 

森内 敬子|MORIUCHI Keiko

《 イクナテン王のクチビル 2018 》

キャンバス・アクリル(15.8×22.7cm)

¥50,000 + tax

 

美術 太郎|BT

《 いぢわる兎 2020 》

ボード・アクリル・転写・金箔(22.7×15.8cm)

※「月刊美術」誌上販売会出品

¥45,000 + tax

 

美術 太郎|BT

《 いぢわる兎 2020 》

キャンバス・アクリル・転写・金箔(22.7×15.8cm)

※「アートコレクターズ」誌上販売会出品

¥45,000 + tax

アートフェア東京2020 出展中止のお知らせ

鳩ノ森美術は、新型コロナウイルスの感染予防および拡散防止のため、 3月20日 (金) 〜 3月22日 (日) に開催される「アートフェア東京2020」への出展を辞退させていただくこととなりました。社会的良識と倫理観に従った苦渋の決断となります。大変恐縮ではございますが、何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

C810 愛しくて奇妙な生物たち

この度「企画展 : C810 愛しくて奇妙な生物たち」と題しまして、弊社コレクションより、「どこか可愛らしく奇妙で不思議な生物たちの世界」を描いた作品をピックアップし、展示いたします。

健康で、衣食住の心配がなくて、家族がいて、友達がいて、天気が良くて、星がきれいで、すてきな夢をみる。そんな日常の幸せを幸せと感じなくなってしまった不感症な現代人は、貪欲で愚かで醜く滑稽…。だけど純粋で優しくて弱く愛しい…。私たち人間はなんておもしろい不思議な生物なのでしょう。作品に棲む生物たちは私たち人間の姿そのものであり、あなた自身の姿なのかもしれません。

 

< 出展作家 >
岡本太郎、岡本信治郎、北野 武、中村 宏元永定正吉原治良美術太郎、フューチュラ、マルセル・ザマ、オディロン・ルドン、フランシス・ベーコン 他
※会期中、展示替え有り
会期:2020年1月14日 (火) ~ 2月29日 (土)
営業時間:12:00 ~ 18:00 ※定休日:日月祝日
会場:鳩ノ森美術|gallery + art shop 2会場同時開催
tel: 03-3408-8100

 

出品作品|Exhibited Works


 

マルセル・ザマ|Marcel DZAMA

《 作品 2000 》

紙・インク・水彩・ルートビール(31.6×25.3cm)

price on request

 

美術 太郎|BT

《 いぢわる兎(桜)2019 》

キャンバス・アクリル・転写(22.7×15.8cm)

sold

 

美術 太郎|BT

《 GIFT(赤鼻のゾウ)2019 》

キャンバス・アクリル・転写(37.9×45cm)

¥130,000 + tax

 

フューチュラ|Futura

《 作品(Pointman)C.2019 》

紙・アクリル(15.5×28.5cm)

sold

 

岡本 太郎|OKAMOTO Taro

《 記念撮影 》

オフセット・シルクスクリーン(52.5×39cm)ed.EA

¥600,000 + tax

 

フランシス・ベーコン|Francis BACON

《 アングルデッサンにもとづく人体の習作 1984 》

リトグラフ(88×60.5cm)ed.180

price on request

C810 シロクロ

この度「企画展 : C810 シロクロ」と題しまして、弊社コレクションより「内なる心の世界」をモノクロームで表現した作品をピックアップし、展示いたします。

黒は最も禁欲的な色でありながらも、観る者の心のありようを何ら制約することなく映し出すスクリーンのような作用を備えています。時には不都合な真実と出会ってしまう可能性を秘めながら、私たちの想像力を刺激し「内なる心の世界」と向き合う装置となります。光と影は表裏一体であり、過剰な光は漆黒の影を描きます。アートは社会と切り離しては存在することはできませんが、寛容性を失ったアートもまた存在理由を失います。私たちは不都合な真実が見えないのではなく、見ようとしていないだけなのかもしれません。本展は、私たちすべての人間が自身の潜在意識の中にある「内なる心の世界」と向き合う貴重な体験となります。

 

< 出展作家 >
具体美術:吉原治良白髪一雄、前川 強、松谷武判聴濤襄治松田 豐
もの派:李 禹煥、榎倉康二、菅 木志雄
その他:藤田嗣治、郭 仁植、オディロン・ルドン、デビット・リンチ、マルセル・ザマ 他
※会期中、展示替え有り
会期:2019年11月12日 (火) ~ 12月21日 (土)
営業時間:12:00 ~ 18:00 ※定休日:日月祝日
会場:鳩ノ森美術|gallery
tel: 03-3408-8100

 

出品作品|Exhibited Works


 

榎倉 康二|ENOKURA Koji

《 Figure B-No.27 1984 》

綿布・アクリル(56.5×91cm)

reserved

 

吉原 治良|YOSHIHARA Jiro

《 作品 1969 》

画用紙・ガッシュ(45×37cm)

※「吉原治良展 明日を創った人」画集掲載

※「吉原通雄アトリエ」証明書

sold

 

吉原 治良|YOSHIHARA Jiro

《 作品 1967 》

シルクスクリーン(44×57cm)ed.800

※来歴:吉原通雄旧蔵

¥400,000 + tax

 

白髪 一雄|SHIRAGA Kazuo

《 韓(中国戦国七強より)1993 》

シルクスクリーン(65×65cm)ed.60

¥350,000 + tax

宇宙・日本・具体 堀尾貞治と堀尾昭子

この度「宇宙・日本・具体 堀尾貞治と堀尾昭子」と題しまして、弊社コレクションより具体美術(GUTAI)会員である堀尾貞治・昭子夫妻の2人展を開催いたします。

目に見えない空気を「あたりまえのこと」と表現し、その空気を可視化するという試みを継続した堀尾貞治の作品は、多くの人々に驚きと感動を与えてきました。さらに本展では、ミニマルで余白を感じさせる独自のスタイルで制作を続け、多くのファンを魅了する堀尾昭子の作品を同時にご覧いただける貴重な機会となります。

 

会期:2019年6月25日 (火) ~ 8月3日 (土)
営業時間:12:00 ~ 1 8:00 ※定休日:日月祝日
会場:鳩ノ森美術|gallery + art shop 2会場同時開催
tel: 03-3408-8100

 

堀尾 貞治|HORIO Sadaharu(1939-2018)
1939年兵庫県生まれ。1957年芦屋市展初出品作が入賞し、具体のリーダー吉原治良の目に止まる。1965年第15回具体美術展に出品。翌年会員となり1972年の解散まで在籍。1985年頃からは「あたりまえのこと」という一貫したテーマのもと、年間100回以上の展示・パフォーマンスを開催。堀尾にとって制作とは、生きるために不可欠な空気のような存在としてあった。 2018年11月死去。

> view more

 

堀尾 昭子|HORIO Akiko(1937-)
1937年徳島県生まれ。1967年具体美術新人展に出品。翌年会員となり1972年の解散まで在籍。木や鉄枠等の素材に透明感あるアクリルやミラーを組み合わせ、それらを変形・構築・解体させた作品を当初より制作。具体美術解散後も関西を中心に展覧会を定期的に開催し、造形作家として活躍の場を広げている。

> view more

常設展 T氏コレクション

この度、T氏が長年コレクションしていた作品の一部を展示・販売する運びとなりました。
作品は幅広く、浮世絵・北欧デザイン・世界各国の民藝から現代美術まで境界を軽やかにこえた構成となっています。日本20世紀後半の最も重要な美術運動の一つとして、国際的に評価が定まった「具体美術(GUTAI)」を中心とした若きT氏の研ぎ澄まされたコレクションを、是非ご覧ください。※会期中、展示入れ替えも行っています。

 

会期:2019年5月7日 (火) ~ 6月15日 (土)
営業時間:12:00 ~ 18:00 ※定休日:日月祝日
会場:鳩ノ森美術|gallery + art shop 2会場同時開催
tel: 03-3408-8100
出展作家:今中クミ子、上前智祐榎倉康二、岡本太郎、小野田 實、嶋本昭三白髪一雄、鷲見康夫、高崎元尚、坪内晃幸、藤田嗣治、堀尾昭子堀尾貞治松谷武判松田 豐向井修二元永定正、森内敬子、吉田俊郎吉原治良吉原通雄、サム・フランシス 他

アートフェア東京2019 脈々とGUTAI 平成

アートフェア東京2019に出展します
会期:2019年3月8日 (金) ~ 3月10日 (日)
会場:東京国際フォーラム 展示ホールE ブース番号G94
出展者名:鳩ノ森美術「脈々とGUTAI 平成」
イベント公式サイト:http://artfairtokyo.com

 

「脈々とGUTAI 平成」では、近年評価の高まる具体美術(GUTAI)に所属した前衛アーティストを中心に日本の戦後から現在までの国際的な評価にたえうる優れた日本の現代美術をピックアップし、吉原治良の提唱した具体美術(GUTAI)の精神が色あせることなく脈々と生き続けていることを表現します。

 

吉原 治良|YOSHIHARA Jiro
・吉原 通雄|YOSHIHARA Michio
白髪 一雄|SHIRAGA Kazuo
・嶋本 昭三|SHIMAMOTO Shozo
・元永 定正|MOTONAGA Sadamasa
坪内 晃幸|TSUBOUCHI Teruyuki
・鷲見 康夫|SUMI Yasuo
・今中 クミ子|IMANAKA Kumiko
・松田 豐|MATSUDA Yutaka
・堀尾 貞治|HORIO Sadaharu
・森内 敬子|MORIUCHI Keiko
・今井 俊満|IMAI Toshimitsu
・篠原 有司男|SHINOHARA Ushio
・中村 一美|NAKAMURA Kazumi
美術 太郎|BT

 

たくさんのご来場、ありがとうございました

宇宙・日本・具体 東京

この度「宇宙・日本・具体 東京」と題しまして、鳩ノ森美術3周年展を開催いたします。弊社は2015年11月のオープニング展「宇宙・日本・具体 松田豐」を皮切りに、多くの具体作家の作品を取り扱ってまいりました。沢山の方にご覧いただく機会として3月に開催されますアートフェア東京と併せ、弊社具体コレクションを展示いたします。

 

会期:2019年1月15日 (火) ~ 3月30日 (土)
営業時間:12:00 ~ 18:00 ※定休日:日月祝日
会場:鳩ノ森美術|gallery + art shop 2会場同時開催
tel: 03-3408-8100
出展作家:吉原治良吉原通雄白髪一雄元永定正今中クミ子坪内晃幸上前智祐松田 豐小野田 實松谷武判前川 強堀尾貞治堀尾昭子森内敬子

 

具体美術(GUTAI)とは…
1954年、関西の抽象美術の先駆者・吉原治良をリーダーに、阪神地域在住の若い美術家たちで結成された前衛美術グループ。 「人の真似をするな。今までにないものをつくれ。」というコンセプトの元、奇想天外な発想でユニークな作品を次々と輩出。1957年に来日したフランスの評論家ミシェル・タピエがその前衛性を絶賛し海外で広く知られるようになる。1972年吉原の死去に伴い、具体美術協会解散。その後、 2013年グッゲンハイム美術館での展示によって一気に国際的に再評価(インスタレーション・ハプニング・パフォーマンスアートなどの先駆としての位置づけ)が進み、現在では日本の戦後美術を語る上で最も重要なアートムーブメントの一つとなっています。

SELECTED ART FAIR 2018 蒐集衆商

SELECTED ART FAIR 2018 蒐集衆商に出展します
会期:2018年10月25日 (木) ~ 10月28日 (日)
開場時間:11:00 〜 20:00
入場:無料
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
イベント公式サイト:http://www.spiral.co.jp/takeart
出展作家:吉原治良、榎倉康二、森内敬子、サダヒロカズノリ、美術太郎、パブロ・ピカソ

 

 

たくさんのご来場、ありがとうございました