松谷 武判|MATSUTANI Takesada(1937-)

1937年大阪府生まれ。1960年第9回具体美術展に初出品。1963年会員となり1972年の解散まで参加。1966年フランス政府留学生選抜第1回毎日美術コンクールで最優秀賞を受賞し渡仏。戦後間もなく開発されたビニール系接着剤を使い、物質そのものが形作る有機的なレリーフ状の作品を発表する。画面の上に膨らんだり垂れたりしている官能的な形と質感は、新しい絵画の可能性を示すものとして高く評価された。 2000年、2015年西宮市大谷記念美術館で大規模な個展が開催されたほか、2017年ヴェネツィア・ビエンナーレではメインセクションに出品。2019年ポンピドゥセンターで日本人初の個展を開催するなど、ますます国際的評価の高まる作家の一人です。

 

具体美術(GUTAI)とは…
1954年関西抽象美術の先駆者である吉原治良をリーダーに、阪神地域在住の若い美術家たちで結成された前衛美術グループ。 「人の真似をするな。今までにないものをつくれ。」というコンセプトの元、奇想天外な発想でユニークな作品を次々と輩出。フランスの評論家ミシェル・タピエがその前衛性を絶賛し海外で広く知られるようになる。1972年吉原の死去に伴い、具体美術協会解散。その後、多くの回顧展を経て、 2013年グッゲンハイム美術館での企画展「GUTAI:素晴らしい遊び場」によって一気に国際的に再評価(インスタレーション・ハプニング・パフォーマンスアートなどの先駆としての位置づけ)が進む。現在では日本の戦後美術を語る上で最も重要なアートムーブメントの一つとなっています。

 

販売作品|Works


 

《 人 A MAN 2011 》

キャンバス・黒鉛・ボンド(22.7×15.8cm)

Price on request

 

《 Cercle 08-7 2008 》

紙・黒鉛(32.5×25cm)

Price on request

 

《 作品 2015 》

紙・木炭・鉛筆(15×10cm)

¥250,000 + tax

 

《 流動-90-6 1990 》

キャンバス・ミクストメディア(41×33cm)

Sold

 

《 作品 2015 》

厚紙・アクリル・木炭・ボンド・コラージュ(19.9×14.9cm)

Sold

 

《 繁殖 2014 》

キャンバス・アクリル・木炭・ボンド(26×16.5cm)

Sold

 

《 作品 2015 》

紙・アクリル・ボンド(15×10cm)

Sold

 

《 作品 2011 》

紙・デカルコマニー(15×10cm)

Sold

 

《 Cercle 07-6-7 2007 》

キャンバスに紙・ボンド・黒鉛(32×21cm)

Sold