鳩ノ森美術とは・・・

鳩ノ森美術は、東京都渋谷区千駄ヶ谷に2013年1月、柳宗悦の定義する民藝の販売と美術品・骨董品の買取専門店としてオープンしました。
各ジャンルの鑑定士を揃え、幅広い作品の鑑定・査定が可能です。出張・査定費用は、すべて無料で対応いたします。また、古家解体・引越・蔵・遺品・相続整理など美術品売却に関する諸々のご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

《会社概要》※2015年11月、事業拡大に伴い、法人化いたしました。
社名:株式会社 鳩ノ森美術
代表:戸嶋 一博
資本金:500万円
住所:〒151-0051 東京都 渋谷区 千駄ヶ谷4丁目30-5
電話番号:03‐3408‐8100
事業内容:美術品・骨董品・民藝の売買、コンサルティング、現代美術作家のプロデュース・販売、アートイベントの企画運営(百貨店催事・展示販売会・アートフェアなど)、次代の日本美術を担う人材育成を目的としたスクール、アートと民藝の境界をこえたデザイン事業
美術品商:東京都公安委員会許可第303321604187号
特定国際種事業者:No.S-3-13-31239
 

 

2016年9月、浮世絵を次の世代へと受け継ぐことを目的とし、鳩ノ森美術内に浮世絵専門「江戸POP」を設立いたしました。

日本人のアイデンティティーである浮世絵は、幕末〜明治に制作されたにも関わらず現代にも通ずるコンセプチュアルな表現などが多く見られ、今も新鮮に感じられます。弊社は前衛的でクールな浮世絵を広く国内外に紹介し、次の世代へと受け継いでいきたいと考えております。

 

hokusai%e3%80%8cfuji-nihonbashi%e3%80%8d 2 hiroshige%e3%80%8ctokaido-hara%e3%80%8d 3 utagawa-kuniyoshi-soma-no-furufairi-ai-masakado-himegimi-takiyasha-yojutsu-o-motte-mikata-o-atsumuru-in-the-ruined
1 葛飾 北斎 / Katsushika HOKUSAI 「富嶽三十六景 日本橋」
2 歌川 広重 / Utagawa HIROSHIGE 「東海道五十三次之内 原」
3 歌川 国芳 / Utagawa KUNIYOSHI 「相馬の古内裏」

 

 

2017年1月、新規アートコレクターの育成を目的とし、カジュアルなアートショップ「アリガトビジュツ」をオープンいたしました。

鳩ノ森美術は、興味があっても購入にいたるまでにはハードルが高いアートの現状を改善し、「art for all -アートをもっと身近に-」をテーマに
柳宗悦の定義する民藝・浮世絵・現代美術を中心に幅広いジャンルの作品をご紹介させていただいております。美術品は一期一会と言いますが、ご縁のある作品はどこかで繋がります。皆様にとって良い出会いがありますよう、お祈り申し上げます。

 

アリガト・ロゴ

 

 

2017年11月、世界初!アートギャラリーがプロデュースする限定生産りんご「はとのもりんご」の販売を開始いたしました。

秋田県横手市増田町(旧平鹿郡増田町)の増田りんごは、その美味しさからほぼ県内で消費され、県外に出回ることがありません。その中の最高級サンふじから選別された「はとのもりんご」は、ひとくち食べればりんごの概念が変わってしまうほどの美味しさです。鳩ノ森美術では、美しい=美術も、美味しい=美食も、人の心を豊かにするという意味で同義であると考えます。