堀尾 貞治|HORIO Sadaharu(1939-2018)

1939年兵庫県生まれ。1957年芦屋市展初出品作が入賞し、具体のリーダー吉原治良の目に留まる。1965年第15回具体美術展に出品。翌年会員となり1972年の解散まで在籍。1985年頃からは「あたりまえのこと」という一貫したテーマのもと、年間100回以上の展示・パフォーマンスを開催。堀尾にとって制作とは、生きるために不可欠な空気のような存在としてあった。2018年3月アートフェア東京2018では森内敬子×美術太郎とのコラボ展を開催し好評を博すも、11月死去。日常と美術が強く結びついた堀尾の「あたりまえ」の営み=純粋芸術は「美術とは何か?」を、今もなお問いかけ続けています。

 

具体美術(GUTAI)とは…
1954年関西抽象美術の先駆者である吉原治良をリーダーに、阪神地域在住の若い美術家たちで結成された前衛美術グループ。 「人の真似をするな。今までにないものをつくれ。」というコンセプトの元、奇想天外な発想でユニークな作品を次々と輩出。フランスの評論家ミシェル・タピエがその前衛性を絶賛し海外で広く知られるようになる。1972年吉原の死去に伴い、具体美術協会解散。その後、多くの回顧展を経て、 2013年グッゲンハイム美術館での企画展「GUTAI:素晴らしい遊び場」によって一気に国際的に再評価(インスタレーション・ハプニング・パフォーマンスアートなどの先駆としての位置づけ)が進む。現在では日本の戦後美術を語る上で最も重要なアートムーブメントの一つとなっています。

 

> 販売・買取に関するお問い合わせ|buy & sell

 

作品|Works


 

《 作品 1968 》

板・アクリル・布(22.5×21.5×16.5cm)

※「具体美術小品展(グタイピナコテカ)1968年」出品

price on request collection

 

《 作品 1970 》

紙 ・アクリル(35×25cm)

price on request collection

 

《 作品 1970 》

紙 ・アクリル(35×25cm)

price on request

 

《 作品 1970 》

紙 ・アクリル(35×25cm)

price on request

 

《 作品 1970 》

紙 ・アクリル(35×25cm)

price on request

 

sadaharu-horio-works

《 あたりまえのこと 2013 》

紙・水彩・シール(152×135cm)

price on request

 

《 あたりまえのこと 1992 》

紙・ガッシュ(75×53cm)

¥300,000 + tax

 

《 あたりまえのこと:色塗り 2013.1.1-12.31 》

木・アクリル(24.5×18.2×5.5cm)

¥400,000 + tax

 

《 あたりまえのこと:色塗り 2013.1.1-12.31 》

紙・アクリル(22.7×15.8cm)

¥300,000 + tax

 

《 あたりまえのこと:色塗り 2018.4.29-7.14 》

チーズボード・アクリル(24×15cm)

¥180,000 + tax

 

《 作品(LOTION BOTTLE)1984 》

紙 ・オイルパステル(37×54cm)

※来歴:松田豐旧蔵

※「堀尾貞治個展( ギャラリーdo)1984年」出品

¥200,000 + tax

 

《 あたりまえのこと:No.51 ガラコト 1988 》

紙・ガッシュ・コラージュ(21×28cm)

¥300,000 + tax

 

《 あたりまえのこと 2008 》

画用紙 ・アクリルガッシュ(27.1×39.1cm)

¥100,000 + tax

 

《 作品 1988 》

紙 ・アクリルガッシュ(90×80cm)

sold

 

《 あたりまえのこと 2018 》

画用紙 ・アクリルガッシュ(27.1×39.1cm)

sold

 

《 あたりまえのこと 2018 》

画用紙 ・アクリルガッシュ・オイルパステル(27.1×39.1cm)

sold