李 禹煥|LEE U-Fan(1936– )

1936年韓国生まれ。1961年日本大学文学部哲学科卒業。1960年代末〜1970年代半ばにかけて日本で起こった前衛芸術の動向「もの派」の理論と実践における中心的役割を担い、その後の現代芸術に大きな影響を与える。作品は彫刻や絵画、ドローイング、版画など多岐にわたるが、それらの制作に一貫しているのは、石や鉄、あるいはキャンバスや筆との弛まぬ静かな対話を通して、自らの考えや感情など作家の内面を表現することよりも、「人間」と「もの」、あるいは「もの」と「もの」との関係性を問う姿勢である。今まで個別の「もの」や「空間」だったものが互いに結びつき、これまで見過ごされてきた世界と私たちとの間に新たな出会いをもたらす李の作品は、国内外から高い評価を集め、2010年に開館した李禹煥美術館(直島)は多くの来館者で溢れています。多摩美術大学名誉教授。

 

> 販売・買取に関するお問い合わせ|buy & sell

 

作品|Works


 

《 項B 1979 》

木版画(60×80.7cm)ed.30

※第11回東京国際版画ビエンナーレ京都国立近代美術館賞

※「シロタ画廊」シール

price on request

 

《 黙2 2006 》

リトグラフ(91×110cm)ed.PP(ed.50)

price on request

 

《 作品 1988 》

リトグラフ(19.4×16.7cm)ed.200

price on request

 

《 港より1 1989 》

ドライポイント(29.5×23.5cm)ed.50

price on request

 

《 港より3 1989 》

ドライポイント(29.5×23.5cm)ed.50

price on request

 

《 港より8 1989 》

ドライポイント(29.5×23.5cm)ed.50

price on request

 

《 筆より 1982 》

シルクスクリーン(28×32cm)ed.PP

※直筆サイン(ed.100)

price on request

 

《 削りによる場面1-3 1978 》

木版画(1-2:7×9.8cm、3:10×14.3cm)

※直筆サイン(ed.2725)

price on request

 

《 筆より(日仏会館ポスター)1982 》

シルクスクリーン(51.5×36.4cm)ed.200

※版画工房のエンボス

¥200,000 + tax

 

《 無題 ca.1987 》

紙・水彩(14.5×15cm)

sold

 

《 項74-1 1974 》

木版画(33.5×45.5cm)ed.20

※「ギャラリーココ」シール

sold

 

《 項74-2 1974 》

木版画(33.5×45.5cm)ed.20

※「ギャラリーココ」シール

sold

 

《 黙4 2006 》

リトグラフ(110×91cm)ed.50

sold

 

《 採石場の想い出1 1984 》

リトグラフ(63×86cm)ed.50

sold

 

《 採石場の想い出2 1984 》

リトグラフ(63×86cm)ed.50

※「シロタ画廊」シール

sold

 

《 照応 1993 》

キャンバス・油彩(72.7×91cm)

※「シロタ画廊」シール

sold