田中 敦子|TANAKA Atsuko(1932-2005)

1932年大阪生まれ。夫は金山明。1951年京都市立美術大学(現京都市立芸術大学)中退の後、大阪市立美術館付設美術研究所に学ぶ。金山明・白髪一雄・村上三郎らが結成した「0会」に1953年頃参加。1955年具体美術協会に「0会」のメンバーと共に入会し、同年の第1回具体美術展に「ベル」、翌年の第2回展に「電気服」を出品する。1965年金山明と具体美術協会を退会。電球と管球を組み合わせ明滅する光の服に見立てた「電気服」のオブジェと同様に絵画作品でも円と曲線が絡み合う独特の精神世界を表現し、その先駆性が高く評価される。2005年死去。

 

具体美術(GUTAI)とは…
1954年関西抽象美術の先駆者である吉原治良をリーダーに、阪神地域在住の若い美術家たちで結成された前衛美術グループ。 「人の真似をするな。今までにないものをつくれ。」というコンセプトの元、奇想天外な発想でユニークな作品を次々と輩出。フランスの評論家ミシェル・タピエがその前衛性を絶賛し海外で広く知られるようになる。1972年吉原の死去に伴い、具体美術協会解散。その後、多くの回顧展を経て、 2013年グッゲンハイム美術館での企画展「GUTAI:素晴らしい遊び場」によって一気に国際的に再評価(インスタレーション・ハプニング・パフォーマンスアートなどの先駆としての位置づけ)が進む。現在では日本の戦後美術を語る上で最も重要なアートムーブメントの一つとなっています。

 

> 販売・買取に関するお問い合わせ|buy & sell

 

作品|Works


 

《 作品 2004 》

紙・オイルパステル(36×26cm)

※「金山明・田中敦子アソシエーション」作品登録カード

price on request collection

 

《 4-1-1 1978 》

パネルに紙・色鉛筆(13.6×10.7cm)

※「金山明・田中敦子アソシエーション」作品登録カード

price on request

 

tanaka2

《 青赤緑の丸と小さな丸たち 》

シルクスクリーン(37.8×28.7cm)ed.100

price on request

 

tanaka1

《 4つの赤い丸 》

シルクスクリーン(37.8×28.7cm)ed.100

price on request

 

《 作品 2004 》

紙・オイルパステル(36×26cm)

price on request

 

《 作品 2004 》

紙・オイルパステル(36×26cm)

price on request

 

《 作品 2004 》

紙・オイルパステル(36×26cm)

price on request

 

《 作品 2004 》

紙・オイルパステル(36×26cm)

price on request

 

《 作品 2004 》

紙・オイルパステル(36×26cm)

※「金山明・田中敦子アソシエーション」作品登録カード

sold

 

《 作品 2004 》

紙・オイルパステル(36×26cm)

※「金山明・田中敦子アソシエーション」作品登録カード

Sold

 

《 作品 2004 》

紙・オイルパステル(36×26cm)

※「金山明・田中敦子アソシエーション」作品登録カード

sold

 

《 作品 2004 》

紙・オイルパステル(36×26cm)

※「金山明・田中敦子アソシエーション」作品登録カード

sold