嶋本 昭三| SHIMAMOTO Shozo(1928-2013)

1928年大阪府生まれ。1947年吉原治良に師事。キャンバスの代わりに支持体とした新聞紙に穴を開けた前衛的な作品を吉原に称賛される。1950年関西学院大学卒業。1954年「具体美術協会」の結成に参加し、大砲を使って絵具をカンヴァスに向けて飛ばすパフォーマンスを披露。そこから当時の主要スタイルとなる、絵具を詰めたガラス瓶をキャンバスに置いた石に投げ付ける「投擲(とうてき)絵画」が誕生した。1957年具体誌に寄稿の「絵筆処刑論」にて、“絵具と絵筆は悲劇的関係にあり、絵筆による虚勢の彼方に絵具の本質的美を求める”と提唱。1975年アーティスト・ユニオン(AU)の結成に参加。1999年紺綬褒章受章。2013年1月死去。

 

具体美術(GUTAI)とは…
1954年関西抽象美術の先駆者である吉原治良をリーダーに、阪神地域在住の若い美術家たちで結成された前衛美術グループ。 「人の真似をするな。今までにないものをつくれ。」というコンセプトの元、奇想天外な発想でユニークな作品を次々と輩出。フランスの評論家ミシェル・タピエがその前衛性を絶賛し海外で広く知られるようになる。1972年吉原の死去に伴い、具体美術協会解散。その後、多くの回顧展を経て、 2013年グッゲンハイム美術館での企画展「GUTAI:素晴らしい遊び場」によって一気に国際的に再評価(インスタレーション・ハプニング・パフォーマンスアートなどの先駆としての位置づけ)が進む。現在では日本の戦後美術を語る上で最も重要なアートムーブメントの一つとなっています。

 

販売作品|Works


 

《 作品 2010 》

キャンバス・ミクストメディア(20×20cm)

※「Shozo Shimamoto Association」鑑定書

Price on request

 

《 作品 2011 》

紙・アクリル(61×43cm)

※「Shozo Shimamoto Association」鑑定書

Price on request

 

《 作品 2010 》

紙・アクリル(78.5×54cm)

※「Shozo Shimamoto Association」鑑定書

Price on request

 

《 作品 》

シルクスクリーン(61×43cm)ed.100

¥250,000 + tax

 

《 作品 2010 》

紙・アクリル(45×44cm)

※「Shozo Shimamoto Association」鑑定書

Price on request

 

《 作品 2010 》

キャンバス・ミクストメディア(20×20cm)

※「Shozo Shimamoto Association」鑑定書

Sold

 

《 無題 – ベニスビエンナーレ 1993 》

ボードに貼付したビニール・ミクストメディア(25×20cm)

※「Shozo Shimamoto Association」鑑定書

Sold

 

shozo-shimamoto-work

《 無題 – ベニスビエンナーレ 1993 》

ボードに貼付したビニール・ミクストメディア(15×10cm)

※「Shozo Shimamoto Association」鑑定書

Sold

 

差替え(3)

《 作品 1964 》

ボード・ミクストメディア(54×42cm)

※「Shozo Shimamoto Association」鑑定書

Sold

 

差替え (1)

《 作品 1964 》

キャンバス・セメント・墨・灰(41×31.8cm)

※「Shozo Shimamoto Association」鑑定書

Sold

 

《 作品 1964 》

ボード・ミクストメディア(24.2×27.2cm)

※「Shozo Shimamoto Association」鑑定書

Sold