フランシス・ベーコン|Francis BACON(1909-1992)

1909年アイルランド生まれのイギリス人。イギリスを拠点に活動。独学で絵画を学んだのちに、ベラスケスやファン・ゴッホを参照しながら激しく大胆な筆致と過激で生々しい個人的なモチーフを描き続ける。1944年の衝撃作《ある磔刑図の足下にいる人物たちのための3つの習作》や《教皇インノケンティウス10世の肖像画》の複製に基づく「教皇」シリーズに代表されるような鑑賞者に不安感や孤独感を与える歪んだ身体や咆哮するかのような表情の人物画を発表。独特の三幅対シリーズなどで同時代の美術界に多大な影響を与えた。1954年第27回ヴェネチア・ビエンナーレ英国館代表。生前はもちろん死後も多くの展覧会が企画され、世界各地の美術館に作品が収蔵されている。抽象絵画が全盛となった第二次世界大戦後の美術界において、唯一無比の具象画を確立し、ピカソと並ぶ20世紀を代表する画家の一人と称されている。1992年4月逝去。

 

> F.ベーコン:販売・買取のお問い合わせ|buy & sell

 

作品|Works


 

《 アングルデッサンにもとづく人体の習作 1984 》

リトグラフ(88×60.5cm)ed.180

price on request

 

《 Triptychより(右側のパネル)1986-1987 》

エッチング・アクアチント(65.2×46cm)ed.99

price on request