山口 長男|YAMAGUCHI Takeo(1902-1983)

1902年京城(韓国)生まれ。1927年東京美術学校(現東京藝術大学)を卒業。同年フランスに留学し、佐伯祐三に師事。対象を客観的に描写するのではなく、徹底した観察を通して実体を捉える制作態度を佐伯から学び、終生この課題に取り組む。1931年の帰国後、有島生馬の勧めで二科展に出品を続け、二科会特別賞、二科会奨励を経て二科会会友になる。1938年に吉原治良、斎藤義重らと共に発起人として「九室会」が結成され、日本の前衛絵画推進の拠点の一つとなった。戦後は二科会の再結成に加わり、1953年には長谷川三郎、吉原治良らと共に「日本アブストラクト・アート・クラブ」を創立。1954年第1回現代日本美術展最優秀賞受賞、同年武蔵野美術大学教授に就任し、後進の指導にも尽力した。1955年第3回サンパウロ・ビエンナーレ、1956年第28回ヴェネツィア・ビエンナーレ、1958年グッゲンハイム国際美術展など国際展に多数出品。簡潔で重厚な山口の作品は大陸的なおおらかさと同時に緊張感を孕んだ空間を生み出し、1961年には芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。日本における抽象絵画の先駆として重要な存在となっています。1983年4月逝去。

 

> 山口長男:販売・買取のお問い合わせ|buy & sell

 

作品|Works


 

《 游 1980s 》

紙・水彩(27×24cm)

price on request

 

《 天 1975 》

ボード・油彩(33×23cm)

sold