津高 和一|TSUTAKA Waichi(1911-)

1911年兵庫県生まれ。具象画から色面と線による画面構成が独特の詩情ある抽象画へと展開。日本の抽象画のパイオニア的存在。1955年吉原治良・須田剋太・八木一夫らと国際アートクラブ関西支部を創立。1957年サンパウロ・ビエンナーレ、1960年グッゲンハイム国際美術賞展出品など海外でも高い評価を得る。1968年大阪芸術大学教授となり、多くの後進の育成にも尽力。1995年阪神・淡路大震災で倒壊した自宅の下敷となり、夫人と共に死去。現在でも叙情性に溢れた津高の作品は、観る者を心象風景へと静かに誘い続けています。

 

> 販売・買取に関するお問い合わせ|buy & sell

 

作品|Works


 

《 作品 C.1965 》

キャンバス・油彩(65.2×91cm)

sold

 

《 作品 》

色紙・水彩(27×24cm)

sold

 

《 黒41 》

キャンバス・油彩 (33.3×24.2cm)

sold