ジグマー・ポルケ|Sigmar POLKE(1941-2010)

1941年旧ドイツ領エルス(現ポーランド・オレスニツァ)生まれ。1953年西ドイツへ移住。デュッセルドルフ美術学校に学んだのち、写真やアメリカン・ポップアートを制作に取り入れながら、自身のトレードマークともなる網点(ドット)による絵画、カンヴァスの代わりにプリントの布地や透明な支持体に描いた絵画など、次々と実験的な手法を開拓。幅広い知識と優れた洞察、パロディや皮肉、ユーモアの精神をもとに、現代人の日常生活から、お伽話・歴史・戦争・神話・錬金術にいたるさまざまなモチーフを画中に重ね合わせ、そのイメージ群は見る者の想像力をかきたて、謎を残しつつ魅了します。1986年「第42回ヴェネツィア・ビエンナーレ」金獅子賞受賞。 2002年「第14回高松宮殿下記念世界文化賞」受賞。同じドイツ人アーティスト:ゲルハルト・リヒターやアンゼルム・キーファーらとともに世界的に高く評価されています。2010年死去。

 

> 販売・買取に関するお問い合わせ|buy & sell

 

作品|Works


 

《 SpiegelungⅡ 1992 》

シルクスクリーン(55×38.5cm)ed.70

¥300,000 + tax