関根 美夫| SEKINE Yoshio(1922-1989)

1922年和歌山県生まれ。 1954年具体美術協会の結成に参加。1959年具体美術協会を退会し、東京に拠点を移す。1963年第15回読売アンデパンダン展にて、関根の主要モチーフであるソロバンを初めて発表し、1965年第2回長岡現代美術館賞受賞。1966年、1967年のジャパン・アート・フェスティバル、現代日本美術展、日本国際美術展など出品。身の回りの日用品であるソロバンを機能的本質を表現する記号としてとらえ、抽象表現に昇華したその構造は、あらゆるものが記号化された高度経済成長期の空間を露呈させると高く評価された。1989年6月死去。

 

具体美術協会(GUTAI)とは…
1954年関西抽象美術の先駆者である吉原治良をリーダーに、阪神地域在住の若い美術家たちで結成された前衛美術グループ。 「人の真似をするな。今までにないものをつくれ。」というコンセプトの元、奇想天外な発想でユニークな作品を次々と輩出。フランスの評論家ミシェル・タピエがその前衛性を絶賛し海外で広く知られるようになる。1972年吉原の死去に伴い、具体美術協会解散。その後、多くの回顧展を経て、 2013年グッゲンハイム美術館での企画展「GUTAI:素晴らしい遊び場」によって一気に国際的に再評価(インスタレーション・ハプニング・パフォーマンスアートなどの先駆としての位置づけ)が進む。現在では日本の戦後美術を語る上で最も重要なアートムーブメントの一つとなっています。

 

> 販売・買取に関するお問い合わせ|buy & sell

 

作品|Works


 

《 SC-428 1977 》

シルクスクリーン(13.5×11.2cm)ed.100

¥50,000 + tax

 

《 Mt.127 1984 》

シルクスクリーン(24×34cm)ed.100

¥80,000 + tax

 

《 Abacus ♯303 1973 》

キャンバス・油彩(45.5×53cm)

sold

 

yoshio-sekine-work-337

《 Abacus ♯337 1974 》

キャンバス・油彩(97×103cm)

※「追悼:関根美夫(東京画廊)1990年」カタログ掲載

sold