三島 喜美代|MISHIMA Kimiyo(1932-)

1932年大阪府生まれ。1954〜69年まで独立美術協会に所属し、活動初期では具象画を発表。具体美術協会の吉原治良に師事した画家(夫となる)三島茂司の影響を受けると、60年代はコラージュによる実験的な絵画の制作を行う。70年代に立体作品に移行し、1971年日本陶芸展前衛部門にて、陶にシルクスクリーンで印刷物の活字を転写した後の代表作となる陶器作品を初出品。高度産業化社会で増え続けるゴミや氾濫する情報に埋もれる恐怖から生み出された作品は、環境問題や現代社会の課題を表現している。1986〜87年にかけてロックフェラー財団の奨学金によりニューヨークに滞在。ロイ・リキテンシュタイン、ルイーズ・ネヴェルソンらと交流を持つ。帰国後は岐阜県土岐市を拠点に本物さながらの新聞やみかん箱などの陶器作品をはじめ、産業廃棄物や様々な工業素材を使ったインスタレーションを精力的に制作し続けている。

 

> 三島喜美代:販売・買取のお問い合わせ|buy & sell

 

作品|Works


 

《 作品 1968 》

キャンバス・油彩・コラージュ(33.4×24.3cm)

sold

 

《 作品 1968 》

キャンバス・油彩・コラージュ(27.3×22cm)

sold

 

《 作品 1960 》

キャンバス・油彩・コラージュ(22.7×15.8cm)

sold