小堀 進|KOBORI susumu(1904-1975)

1904年茨城県生まれ。晩年の黒田清輝に師事。1932年白日会展、日本水彩画会展に初入選。1940年荒谷直之介・春日部たすくら有志8名と「水彩連盟」を結成。1970年「初秋」により第26回日本芸術院賞受賞。同年、名古屋芸芸術大学教授に就任。一貫して水彩画のみで郷里水郷の風景を描き、水彩画の地位向上と発展をもたらしたことが評価され、1974年水彩画家としてはじめて日本芸術院会員に推挙された。1975年死去。

 

> 販売・買取に関するお問い合わせ|buy & sell

 

作品|Works


《 霞ヶ浦 》

紙・水彩(22×32cm)

※小堀昭鑑題シール

sold

 

《 湖畔 》

紙・水彩(22×32cm)

※共シール

sold