キース・ヘリング|Keith HARING(1958-1990)

1958年アメリカ(ペンシルバニア)生まれ。1970年代に盛り上がりを見せはじめていたニューヨークのサブウェイ(地下鉄)グラフィティシーンで、バスキアやフューチュラ、ラメルジーらと共に「レジェンドグラフィティアーティスト」として活躍。1980年代にはFUN Garally*をはじめとして次々と展覧会が開催され、ウォーホルやリキテンシュタインらと共に「ポップアート」を代表するアーティストとなる。また世界中での壁画制作やワークショップなど社会的なプロジェクトも数多く手がけ、オリジナルグッズを販売する「POP SHOP(ニューヨーク・東京)」をオープンするなど、制作活動は多岐に及んだ。1988年にはエイズ感染と診断され、その翌年にキース・ヘリング財団を設立。1990年2月(31歳)で亡くなるまで、アート活動を通してエイズ予防啓発運動にも積極的に関わった。

 

*FUN Gallery(1981-1985)

アンダーグラウンド女優のパッティ・アスターが設立し、キースやバスキア、フューチュラなどのグラフィティアーティストを発掘。80年代のニューヨークシーンで欠かすことの出来ない伝説のギャラリー。

 

> 販売・買取に関するお問い合わせ|buy & sell

 

作品|Works


 

《 作品 1983 》

紙・ペン(φ34cm)

1983年にギャルリー・ワタリで開催された「キース・ヘリング展」会場で描かれた作品

sold

 

《 作品 1988 》

ショップカード・ペン(9×5.5cm)

1988年にPOP SHOP TOKYOのオープニング会場で描かれた作品

sold

 

《 Fun Gallery 展覧会ポスター 1983 》

オフセットリトグラフ・サイン有(73.4×57.5cm)ed.5,000

sold

 

《 POP SHOP Ⅱ 1988 》

シルクスクリーン (29×37cm)ed.200

sold