Andy Warhol “Flower” AREA Osaka

AREA_Osaka_DM_omote

この度、AREA Osakaにて国内外の現代アートを紹介する展示企画をスタートいたします。
第一弾として、ポップアートの旗手にしてロックバンドのプロデュースや映画制作も手掛けたマルチメディアアーティスト”アンディ・ウォーホル”による版画作品”Flower”シリーズSunday B. Morning全10点を展示販売。

AREA Osakaが提案する家具×現代アートによる空間をどうぞお楽しみください!

 

会期:2016年3月1日(火)~31日(木)
会場:AREA Osaka
大阪市中央区高麗橋1-7-3 THE Kitahama PLAZA 1F
TEL: 06-6223-4455 FAX: 06-6223-4454
URL: www.area-japan.co.jp/

強化買取作品のお知らせ

IMG_8071

お手元で眠っている作品はございませんか?

ご整理をしようと思いつつ、置いたままの相続品、どれくらいの価値があるのか気になっている絵画や骨董品、どのようなジャンルの作品でも無料査定を承っております。出張鑑定・写真鑑定などご要望をお聞かせください。ご売却されなくても費用はかかりませんので、お気軽にお問い合わせください。まずは当社無料査定で、お手持ち作品の評価額をお調べになりませんか?ご連絡お待ち申し上げております。

強化買取作品:柳宗悦、ガンダーラ美術、榎倉康二、白髪一雄、正延正俊、坪内晃幸

元永定正 入荷のお知らせ

元永

作家名:元永 定正|Sadamasa Motonaga
タイトル:あかいいろだるま
技法:シルクスクリーン(ED.100)
サイズ:67×85cm
年代:1986年
販売価格:Sold

sadamasa-motonaga-uenigoshoku-(2-works)

作家名:元永 定正|Sadamasa Motonaga
タイトル:うえにごしょく
技法:シルクスクリーン(ED.150)
サイズ:76×57cm
年代:1993年
販売価格:Price on Request

強化買取作品のお知らせ

IMG_8071

お手元で眠っている作品はございませんか?

ご整理をしようと思いつつ、置いたままの相続品、どれくらいの価値があるのか気になっている絵画や骨董品、どのようなジャンルの作品でも無料査定を承っております。出張鑑定・写真鑑定などご要望をお聞かせください。ご売却されなくても費用はかかりませんので、お気軽にお問い合わせください。まずは当社無料査定で、お手持ち作品の評価額をお調べになりませんか?ご連絡お待ち申し上げております。

強化買取作品:河井寛次郎、島岡達三、呉昌碩、翡翠、元永定正、浮田要三、高崎元尚

吉原通雄 入荷のお知らせ

michio(2)
作家名:吉原 通雄|Michio Yoshihara
タイトル:作品
技法:キャンバス・アクリル
サイズ:37.9×45.5cm
年代:1960年代
販売価格:Sold
michio(1)
作家名:吉原 通雄|Michio Yoshihara
タイトル:作品
技法:キャンバス・アクリル
サイズ:45.5×37.9cm
年代:1960年代
販売価格:Price on Request

A Taste of Gutai: Lito and Kim Camacho Collection

A Taste of Gutai(具体アートに触れてみませんか?):カマチョ夫妻のコレクションから」マニラ、アヤラ美術館、2016年2月4日から4月10日まで

1967年設立以来マカティ市のアートの中心となっている、6階建てのアラヤ美術館では、自国フィリピンと海外のコンテンポラリーアート作品を常設展示している。今年のアートフェア・フィリピンとの共催で、この美術館では「A Taste of Gutai(具体アートに触れてみませんか?)」展を開催。1950年代日本の美術界に起こった一大抽象ムーブメントである、具体の作品をカマチョ夫妻のコレクションから紹介する。作品が展示されるアーティストは、吉原治良、嶋本昭三、金山明、元永定正、村上三郎、白髪一雄、鷲見康夫、田中敦子、前川強、管野聖子、松谷武判、名坂有子、名坂千吉郎、堀尾貞治、森内敬子
– See more at: http://www.ayalamuseum.org/2016/01/26/a-taste-of-gutai-lito-and-kim-camacho-collection/

宇宙・日本・具体 吉原通雄

開業DM

この度、夫人である吉原尚美氏のご協力のもと、没後20年、待望の東京初個展を開催いたします。吉原通雄|Michio Yoshiharaは吉原治良の次男であり、具体美術協会(GUTAI)の結成に参加したオリジナルメンバーの一人です。1972年に同協会が解散するまで会員として活動しました。彼は現在、学術的評価の上昇だけに留まらず、市場評価も急騰中の注目作家です。本展では、彼の代表作の一つである蛍光灯を色帯の一部に埋め込んだ3連作の中から芦屋市立美術博物館蔵の作品を除く、2作品(1968年具体美術展出品)を中心に1949〜1993年までの作品を一堂に展示販売いたします。※1949年(高校2年)の吉原治良のアトリエ風景を描いた油絵、1951年(大学1年)の弦月会出展作品などGUTAI以前の資料的価値の高い作品も展示予定。

現存する作品数が少ない吉原通雄。彼の仕事の全容を通覧できる貴重な機会となります。ぜひ、お見逃しなく!

 

会期:2016年2月9日(火)~ 2016年4月2日(土)
営業時間:12:00~18:00 ※定休日:日月祝日
会場:鳩ノ森美術|gallery+art shop 2会場同時開催
TEL: 03-3408-8100